治療方法が見直されています

乳がん治療は最初の治療方針でその後の生活スタイルは一変します

最近では相当がん細胞が大きくない限り全摘出は少なくなり、全摘出後でも自分の背中やお腹の組織を移植したり、人口乳房を挿入する方法で乳房の再建は可能になっています。しかしながら微小ながん細胞が残っている可能性があることから化学療法、放射線治療や抗癌剤治療を避けて通ることはできないのです。髪の毛が抜ける、女性にとっては日常生活が送れない深刻な悩みになってしまいます。長い病院生活、嘔吐との戦いが待っています。

免疫療法やがんそのものを攻撃する

そもそもがん細胞は誰しもが普段からもっています。そう人間だれもが毎日癌と戦っているのです。自己免疫力があるひとは発生した癌がこの免疫力によって毎日撃退さてれいます。免疫力さえ正常な体なら乳がんなどの大きながん細胞の塊までにはならないのです。最新治療はこの自己免疫力を高めていって自分自身の力で乳がんを克服しょうという治療方法でもあります。食事療法やホルモン療法などが主体で、できるかぎり治療薬は使われることはないのです。もしも使われる場合には分子標的治療薬というものがあって、自己免疫力をできるだけ傷つけること無く乳がん細胞だけを攻撃するような新薬が日々進化を遂げてきています。副作用もなく安心して利用できる治療方法が選択できるようになってきています。