がんの治療

がんの手術療法について

乳がんでの手術療法には、胸筋温存乳房切除術・乳房温存術・皮下乳腺全摘出術があります。胸筋温存乳房切除術は、胸の筋肉を残し乳房とリンパ節を切除する方法です。乳がんのしこりが大きい場合や多数のしこりがある、乳管内にがんが広がっている場合などに選択されます。乳房温存手術は、乳房を残してしこりと乳房の一部、リンパ節を除去する方法です。乳がんのしこりが多発していない、乳管内にがんが広がっていない時に選択されます。最近では、乳房の再建を目的に行われるまだ新しい手術方法の皮下乳腺全摘出術の選択も増えてきています。この手術は乳房温存術が行えない、乳頭部にがんの浸潤がない、乳房再建のきぼうがある場合に選択されることが多いです。乳がんのリスクを出来るだけ軽減することが重要になってきているのです。

乳がんの治療にあたって

手術療法・薬物療法・放射線療法を組み合わせて行っていくので、自分と家族が力をあわせて病気に立ち向かうことが大切です。乳房再建の方法もたくさんあるので、再建手術を多く行っているなどの情報収集などもしながら計画をたてることがお勧めです。乳がんは一番多い女性特有のがんです。乳がん検診も地方自治体により、助成があったり力を入れているところも多いので、まずは早期発見早期治療を考えて、乳がん検診を受けたり、セルフチェックなども行いながら見つけることが重要です。