気をつけること

低侵襲な治療への傾向

下肢静脈瘤とは、下肢(足)の静脈が膨れて浮き上がり、瘤のような状態になり、足のむくみやしびれなどがおこる症状のことです。さまざまな治療方法がありますが、最近では、レーザー治療が平成23年に保険適用になりました。静脈は、体の末端から心臓に血液を送る血管で、血液の逆流を防ぐ弁があります。しかし、この弁が壊れて機能しなくなることが下肢静脈瘤の原因です。レーザー治療では、問題の静脈内に細いレーザーファイバーを差し込み、血管を焼いて閉じる手術です。出血や傷みも少なく、傷跡も小さく、日帰りで治療が行えます。以前は、患部を切開し、問題の血管を除去したり瘤を切除するという、体に対して負担の大きい、侵襲性の高い治療法が中心でした。しかし、今後はレーザー治療のような、低侵襲の治療が開発される動向があります。

下肢静脈瘤の原因

そもそも、下肢の静脈は、心臓から一番遠い足先から、重力に逆らって、血液を心臓に送り返されければいけません。そのため、血液が逆流しやすく、逆流防止の弁にも負担がかかるのです。下肢静脈瘤ができる原因は、長時間座りっぱなしであったり、立ちっぱなしで、動かないため、血液が滞ることが原因の一つです。高齢になると弁が機能しなくなることが多く、また、運動不足も原因となっています。他に、高脂血症や遺伝的な原因も考えられています。日常生活で、下肢静脈瘤を予防するために気をつけることは、まず適度な運動をすることです。散歩などの、激しすぎない運動によって、血液の流れを良くし、足の筋肉も鍛える効果があります。また、バランスの良い食事も大切です。