• がんの治療

    乳がんは比較的進行のおそいがんです。検査内容や治療方針に不安があったら、セカンドオピニオンを受けて納得のいく方法と、信頼できる医師と治療を開始することが大切です。

    Read more
  • 治療方法が見直されています

    一般的な乳がん治療で、「名医だから全て任せます」という選択をすると先ず手術です。ステージがどうあれとにかく悪い部位は切り取ることが先ず最初に選択されます。乳房を温存できる技術的は重要なのです。

    Read more
  • 気をつけること

    下肢静脈瘤とは、足の静脈が瘤のような状態になり、様々な不具合を発生させる症状です。血液の流れが悪くなると、足のむくみやしびれなどがおこる可能性が大きくなると言えます。

    Read more

体の傷み

患者のレントゲン

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法を事前に調べておくならコチラがオススメです。人によって異なる効果的な治療法について学びましょう。

頸椎椎間板ヘルニアでは首・肩・背中・腕の痛みがおこります。

脊椎の椎骨どうしの間でクッションとして働いている椎間板は、中心部の髄核とそれを覆う線維輪からできています。頸椎椎間板の線維輪に亀裂ができるなどして椎間板が突出したり髄核が脱出する状態を頸椎椎間板ヘルニアと言います。 頸椎椎間板ヘルニアの症状としては、首・肩・背中・腕・手指に放散する痛みに加えてしびれなどの感覚異常や脱力感があります。また特定の首の動きで痛みが強くなったり、手の細かい運動ができなくなったり、つまづきなど脚への影響が出ることもあります。 頸椎椎間板ヘルニアの診断では、頸椎の動きなどを診る整形外科的検査と腕の反射機能や感覚異常についての神経学的な検査をおこないます。コンピューター断層撮影法や核磁気共鳴画像法によって、椎間板ヘルニアの部位と程度が判定されます。

薬による治療や理学療法が無効なとき手術が考慮されます。

頸椎椎間板ヘルニアの軽い痛みに対してはアセトアミノフェンなどの鎮痛剤や腫れも抑える非ステロイド系抗炎症薬が使われます。重い痛みに対しては強力な抗炎症作用を持つステロイド薬が経口または注射で投与されます。ステロイド薬を脊髄神経の周りに直接注射する硬膜外ステロイド注入療法もおこなわれます。また温熱療法・牽引療法やマッサージなどの理学療法も実施されます。 薬や理学療法で効果のない頸椎椎間板ヘルニアに対して、レーザーを用いた治療や手術が考慮されます。レーザー治療は髄核が脱出していないヘルニアで突出した椎間板の圧力を弱める効果があります。手術治療には、脊髄や神経に対する圧迫を弱めるために神経の通り道を拡大する手術やヘルニアの椎間板全体を切除して代替骨に置き換える方法などがあります。

後縦靱帯骨化症の原因や治療方法、病院などを紹介しているサイトがこちらです。チェックして健康な体を取り戻しましょう。